4日目(その3:オルビエートの散歩~ウンブリアの美しい景色)

平成17年12月13日(火)
↓オルビエートのローマ門の上にある飾りです。バックの景色が美しい。
この後、街の中心の広場に向かいます。
f0026455_125479.jpg

↓メインストリートです。古い石造りの建物が並んでいます。
f0026455_12503875.jpg

↓通りのピッツエリアで昼食しましたが。残念ながらいまいちでした。
f0026455_12505842.jpg

↓街の一番西端のジョベンナーレ教会の広場です。
f0026455_12512567.jpg

ここから、街の端っこをぐるっと時計の9時方向から7時方向に廻ります。
オルビエートは、地形で言えば、「洗面器をひっくり返した形」になっています。
洗面器の「ふち」が岩の崖になっています。洗面器の裏底に街がある感じです。
古代のエトルリア人は防御上、このような地形を好んで街を作ったらしいのです。
・・・下の地図は、町全体のものです。右上が国鉄の駅とケーブルカーです。
現在位置は、地図の左端です。等高線が街の周りを取り囲んでいます。
f0026455_17144716.jpg

ここから見る、ウンブリア地方の景色は最高に綺麗でした。
フィレンツェ近郊のトスカーナ地方も綺麗ですが、それに劣らない感じの、のどかなイタリアの農村風景が広がっています。
(各写真、クリックすると拡大します。)
f0026455_12513845.jpg
f0026455_12514737.jpg

緑と、黄葉した木々、点在する農家・・・・・。
f0026455_12515932.jpg

地形がよくわかるポイントにやってきました。
下の写真のような崖の上に街があります。周りは農村です。
f0026455_1533316.jpg

↓日本と同じ柿の木が・・・・。イタリアでも柿はcachi(カキ)というらしい。日本からもたらされたらしいので。でも複数形はcachiですが、単数形は末尾が「o」に変化して、cacoになるところがイタリア。
f0026455_15314139.jpg

崖のきわに有った教会です。多分サンジョバンニ教会だったと思われます。
f0026455_12524348.jpg

崖に沿って、ウンブリアの美しい景色を眺めながらの散歩は、最高でした。
f0026455_1253030.jpg

イタリアは、地方都市でも、衰退などしないでどこでも生き生きしています。
街も、美しく、古いものを大事に、手を入れながら、誇りを持って、美しいまま残していっている所が凄いと思います。
写真に写っているクレーンは教会の修復工事のためのものです。
f0026455_12531915.jpg

↓街の道路での入り口、「ローマ門」付近の写真です。
崖を、くねくねとカーブしながら街に入る道路があります。
帰りは、ケーブルカーでなく、こちらを通って帰ることになります。
f0026455_12533546.jpg


さて、ここで突然ですが、ブログの容量が余裕がなくなってきました。
写真を沢山載せましたので無理もないのですが・・・・。
この続きは、 「ペンギンの足跡Ⅱ」 をご覧くださる様お願いします。 
旅行記の続き
さらに続き
[PR]
# by ciao-penguin | 2006-03-25 12:49 | イタリア旅行